借金 返済 生活が苦しい

借金返済で生活が苦しい方の事態改善方法

生活苦には債務整理?

生活苦で日々悩んでいる方、毎月の収入を上回る借金があって生活が成り立たないという方。

 

債務整理を考えてみてはいかがでしょうか?

 

認定司法書士や弁護士に依頼し、自己破産や民事再生の手続きをとれば金融会社やクレジット会社などへの返済を整理することが可能になります。

 

自己破産など聞くとなにかと悪いイメージかもしれませんが、生きていくのも困難な時にこの制度は頼りになる助け船です。

 

司法書士に依頼をすれば状況にはよりますが事態は改善する場合が多いのです。

 

例えば、

 

借金の取立てが止まる。

月々の返済が少なくなる。

利子が減る。

場合により借金そのものがなくなる場合も。

 

金融会社によっては法律から外れた利子や、返済計画を立てているところも少なくはありません。法外な返済額に困っている場合、司法書士に依頼し、交渉してもらいましょう。自分で交渉するのは不安ですし難しいですよね。きっと専門家に任せた方がスムーズに話がつくでしょう。

 

同僚や友人に債務整理のことを知られたくないという方でもほとんどの法律事務所には秘密厳守の規則があるので安心して下さい。また、債務整理したことは戸籍や住民票には載りませんので、子供が進学したり、就職したりするときに、親が債務整理したことが不利に働くことはありませんよ。

 

司法書士や弁護士に相談をした方たちは皆、「どうしてもっと早く相談しなかったのだろう」と言う方がほとんどだそうです。変に緊張したり、構える必要はないので、滞納を放置し続けるよりも思い切って借金問題の専門化に電話してみて下さい。相談だけなら無料の事務所も多いので、まず依頼するかどうかは深く考えずに気軽にご相談を。


ホーム RSS購読 サイトマップ