債務整理 依頼費用 不安

債務整理の依頼費用は高いのか不安

債務整理の依頼費用とは?

債務整理を考えていても一般人が金融会社やクレジット会社に自分で交渉、手続きするのは難しいですよね。

 

自分では難しいとなると法律に明るい専門家に依頼したいところ。しかし弁護士うあ司法書士への依頼はどうすればいいのか、依頼費用がどのくらいかかるのか。既に首の回らない状況なのにさらに高い依頼量なんてとても無理……。

 

そう考え、借金整理を諦めてしまう方が割と多いそうですが、実は依頼料というはその場ですぐに支払う必要はないのです。

 

「扶助制度」というものを知っていますか?

 

この制度を利用すれば弁護士や司法書士に依頼する費用を立替払いしてもらえることがあるのです。もちろんどんな状況であっても払ってくれる訳ではありませんが、扶助制度を利用する場合、本人の収入などの条件がいくつかあり、その条件を満たすと弁護士や司法書士への依頼費用を立替払いしてもらうことができます。

 

現在収入がないという方でもこの制度を利用すれば専門家に依頼し、無理のない債務整理をしてもらうことができます。立替払いしてもらった依頼料は分割で支払うことが可能ですし、一月五千円からなど、無理のないプランで返していくことができます。また、現在生活保護受けている方は立替払いの分割返済が免除になることもあります。

 

お金がないから無理と言って放っておくと金融会社などの高い利子はどんどん膨らんでいき、雪達磨式に増加していきますよ。それに無理な返済計画や、利息制限を上回っている金額を知らず知らずに払わされていることも結構あるのです。迷っているのなら弁護士や司法書士に相談し、借金の整理を考えてみて下さい。

 

では、依頼する場合はどのような費用の打ち分けになっているのでしょうか。基本的には相談料、着手料、基本報酬、減額報酬、過払い報酬などが発生します。

 

相談料

相談をするための費用

 

着手金

依頼する場合、着手する前に支払費用。

 

基本報酬

借入先と交渉してもらうための費用。 通常、交渉先の数だけ支払います。

 

減額報酬

借金を減額できた時に支払う費用

 

過払い報酬

過払い金を取り戻せた場合に支払う費用

 

※その他、事務処理にかかった費用、例えば書類のコピー代などを実費で支払います。

 

一般的に、基本報酬は3〜6万円、減額・過払い報酬は20%前後のところが多いようです。詳細な費用については、事務所によって異なりますので、依頼を考えている司法書士・弁護士事務所に必ず確認し、納得した上で依頼しましょう。

 

費用の支払いにおいては、依頼者の経済状況に合わせて、分割払いや後払いを提案してくれるところもあります。事務所の方針では相談量が無料のところもあるので、気兼ねせずに遠慮なく電話、相談してみるといいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ