自己破産 お金

自己破産のするのにお金はいくら必要?

自己破産はいくら必要?

自己破産の申立てを行う場合には費用がかかります。

 

費用の金額は同時廃止か管財事件かで変わってくるでしょう。

 

同時廃止の場合は裁判所に納める予納金、切手代、印紙代などが必要となり合計で二万円程度が基本とされています。

 

管財事件の場合は、上記の費用とは別途管財費用を納める必要があり、総額で50万円くらいになってしまう時もあります。

 

また、代理人を立てたり、交渉してもらった時、依頼した弁護士や司法書士への報酬が必要になります。

 

弁護士や司法書士への報酬は、それぞれの事務所の設定する金額によって異なります。

 

基準としては10社以上の場合は20万円以下、1000万円を超える場合は40万円以下となっています。

 

事務所によっては相談する時間が費用に含まれることもありますが、手持ちのお金がない場合は分割で支払うという手段もとれますので安心して下さい。

 

何よりもまずは相談しなければ借金問題はどんどん深くなりますので勇気を出す事も必要です。


ホーム RSS購読 サイトマップ